読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日のプレミまとめ

その日の大会の反省など。主に遊戯王。

ガッチャCSランキング戦&ヒノキ杯

CS2連戦に出てきました

 

以下使用デッキ

f:id:sugi_yugi:20151126224408j:plain

 

この前の構築から微妙だったGをサイドに、必要と感じたミラフォをメインに。

 

以下戦績

 

EMEm 〇〇

EMEm 〇☓☓

シャドール 〇☓〇

インフェルノイド ☓〇☓

EMEm ☓〇〇

EMEm 〇☓☓

不戦勝

 

というわけで不戦勝込みで4-3でした

 

ジャンケンサイコロがノイド以外全敗で対EMEmに後攻取りまくった割にメインは結構勝率が良かったのでその点は好感触

 

が、前々から懸念していたフレシアが立ちはだかってくるのがキッツイです 勝ち試合もフレシアの有無で勝敗がひっくり返っていたため今後も奴が絡むと相当厳しくなりそうです

 

加えてノイドに当たって痛感したのが死に札の多さとメタ外に対しての永続カードの弱さ

これもある程度の割り切りは必要なんでしょうけど実際にぼこられるとくるものがあります

 

またユニバースが全く発動機会がこないためさすがに怪しく思いました

 

以上の反省から2日目のヒノキ杯へ

 

f:id:sugi_yugi:20151126230207j:plain

とにかくフレシアをなんとかするという目標のもと、メイン月の書サイドにブラホ

ユニバースoutとともに存在が怪しかったダイヤもついでにout

実はその空いた枠にティラス入れる予定でしたが忘れてしまったため残りのカードを消去法で考えて言った結果ガンマン投入

 

以下戦績

 

彼岸 ☓☓

彼岸 〇ET☓ED〇

竜呼EMEm ☓☓

 

1-2と結果的には芳しくないものがありますがこういう時こそ振り返らなきゃ!というわけで

 

2日間のCSを終えての反省点ですが

・先攻ならほぼ勝ちの手札を握るも盤面返せず負け

手違いライオウあたりは先攻で圧倒的に強いカードなのでできれば先攻を取りたいのはやまやまなのですが今の環境では皆先攻を取ってくるため盤面を返せないと初手のライオウ手違いが死に札になってしまいます

そこで後攻時は増殖するGが1番理想的な札なのですがEMEm側もフレシアだったりカウンター罠だったりと止まった上でこちらの返しを妨害してくるため増Gですら微妙に感じました

個人的に月の書はいい感じだったので突き詰めていこうと思います

 

・エクシーズを立てれば勝ちの場面で立てられずに負け

セイクリッドというデッキ自体かなりエクシーズをしやすいため以前であればこういう状況では勝ちを拾えることが多かったのですがアーティファクトや永続・カウンター罠を増やした結果先攻や大詰めの場面ですらエクシーズができなくなりました

候補としてはグレディが真っ先に挙がります(というかこれ以外ないとまで言える)

ライオウとの兼ね合いが1番のネックになるので1or2枚の調整かなといった感じです

 

おそらく今年はこれが最後のCSなので次回の更新は来年になるかも・・・