本日のプレミまとめ

その日の大会の反省など。主に遊戯王。

第6回ヒノキ杯

久々にセイクリッドで入賞したので第6回ヒノキ杯から

 

以下使用デッキです

f:id:sugi_yugi:20170725183215j:plain

f:id:sugi_yugi:20170725183229j:plain

 

1回戦 うらかわさん【EM魔術師】×〇×

 

 2回戦 K.Tさん【インフェルニティ】〇〇

 

 3回戦 ゴメさん【純恐竜】〇〇

 

4回戦 5代目USフォレストさん【壊獣召喚獣】〇〇

 

予選3-1でひっさびさのセイクリッドでトナメ上がり

 

決勝トナメ1回戦 SATANさん【命削り真竜】×〇×

 

トナメ1落ちでベスト8止まりでした。

 

以下今回の反省↓

・プレアデスが今回1日通して必要な場面が来なかった

そのまんまです。環境デッキの擁するドラゴニックDやミセラサウルス、メルカバーなどなどに対してターン1のバウンスでは妨害としてあまりに弱いです。盤面の返しとしてもホープやビュートに比べてイマイチでした。セイクリッドというデッキはプレアデスを立ててナンボという風潮がありますし事実プレアデスを使わないならヴェルズでいいじゃんとなるのですが(ちなみにオネストという光属性最強サポートで差別化できるので必ずしも劣化ヴェルズというわけではないですよ念のため)。

 

スケープゴートとリンクモンスター

リンク召喚実装によってパワーが急上昇したスケープ・ゴート。ただでさえランク4、ランク5で枠が埋まるセイクリッドでは使いにくいだろうと最初は敬遠していましたが1度使ってみると確かに強かったです。ヴォルカザウルス・ガイアドラグーン・トレミスなどの今まではほぼ必須だった枠を削るほどの価値はありました。今回のデッキを構築するに当たり、先に入賞していたヴェルズを参考にしています(基本的には)。ちなみにトポロジックを入れたのはヴォルカザウルス枠です。好み次第ですがニンギルスやヴァレルロードでも構わないと思っています。

 

・先攻後攻について

最初はメインにライオウを積んで先攻を取るようにしていましたが真竜系統には除去され、恐竜もシュンゲイやジャイアントレックスなどで突破してくるため先攻で妨害しきるのは不可能だと考えました(プレアデスは上で述べたように妨害としては弱く、バグースカは拘束力は高いものの後続を用意できないため)。というわけでメインは後攻を選ぶために手札誘発を多めに8枚積み(以前ならかなり多めと言えるんでしょうが強い誘発が増えた現在では多いと言えるか怪しい)、ホープやビュートを作りに行けるようにフォトスラを3枚投入することにしました。罠の枠は盤面を返した上で相手の返しを止めなければならないので神を4枚入れています。

 

・今回の主な採用カード

セイクリッド9枚

 ライオウが抜けた分ランク4を作れるカードを増やすため気持ち多めに。プレアデスが弱いためカウストも同様に不要な場面が多いです。実はこの後にもCSに出ているんですがカウストとプレアデスが抜けてグレディソンブレスが3枚と7シンクロのミカエルになってます。

他モンスター

 オネストは欲しいですが複数引きたくないので2枚にしています。今期のうららは確定3枚、恐竜とABCに打ち所がある増Gも優先的に3枚。残るはヴェーラー、ロンギヌス、うさぎあたりが挙がりますがドラゴニックDに強く打てて直接カード破壊につながるうさぎを入れました。このデッキではオヴィラプターや下級ユニオンですら越えられないことがあり得るためヴェーラーやロンギヌスのメイン投入は怪しいと思っています。

月の書

 竜星の九支を使わせることができ、伏せて妨害にもなる便利なカードですね。九支がある時に強貪を引いたりグレディが絡んだりした場合はコズサイか月で九支をどかしに行きます。

破壊輪

 バーン効果はライフを取りに行くのに貴重です。もともとは下級竜星のタイミングを逃がさせるために入れましたが理想は相手の恐竜をエンドフェイズに爆破することです。

ロンギヌス

 召喚獣に対して入れます。コズサイにも打てるのが〇

スカルマイスター

 恐竜1択です。ですが3にすべきでした。

ライオウ

 恐竜相手の先攻後攻どちらでも入れます。後攻時は誘発をもっと増やして後手ライオウを機能させるのが理想です。

ガメシエル

 真竜系、ABCに。ただこのデッキは1枚で壊獣を倒せないので裏目ることも多いです。

システムダウン

 ABC1択です。下級ユニオンに打点負けしているので先攻でも後攻でも入れます。

醒めない悪夢

 メタル系、ABCの先攻、真竜系の先攻で入れます。スケゴ成立するとプロキシードラゴンも立つので真竜魔法の破壊効果から守ることができる場合がありますね。

ダイヤウルフ

 除去しつつエクストラゾーンを空けたいことが多々あったので投入。ポルクス→グレディ→ソンブレスの流れでランク4をポルクスグレディで立て、素材が墓地に行った後ソンブレスの効果でまたランク4と動けるので自身の破壊がむしろメリットになることがあります。

 

ざっくりですが今回はこれぐらいです。

 

9期終盤からあまりに勝てなくてDD、十二獣、召喚獣真竜とさわってきましたが今期はこの時期に比べてまだ戦える環境なのでもう1度セイクリッドで入賞した記事を書けるようにしたいですねw

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

ヒノキ杯使用セイクリッド

お久しぶりです

 

あれから十二獣とか十二獣セイクリッドとか使ってましてなかなかいい構築も思いつかなかったのですが新ルールでワンチャン(?)かなということでセイクリッドをヒノキ杯で使ってきました

 

f:id:sugi_yugi:20170411211431j:plain

 

ちなみに戦績

メタル真竜〇〇

インフェルノイド×〇×

WW真竜××

 

1-2で予選落ちでしたがプレミなければ変わってるところがあったので全く無理ではないかなーと感じました

 

プレアデスがドラゴニックDが絡む動きに対して強くないためカウストと共に減らし、代わりに中級真竜やクリスタルウィングへの返しとしてチェーンブロックを組まずにホープを出せるフォトスラポルクスをフル投入

 

ライオウは恐竜に対して強かったので今期メインでもいいかなと

 

またエクストラゾーンができたことによりライフを取る手段が減ってしまったためオネスト、破壊輪、ファイヤーフォースを投入

 

エクストラのミカエルは誘発+カウスト以外で作れるためマクロコスモス成立後などを想定して入れました

 

反省点としてはライオウマクロを入れているということで真竜相手に先攻を取ったのですがあまりにもあっさりと後攻で動かれて負けたのでまだ後攻を取ったほうがましだったかな、といったところです(そもそも調整段階で考えることではありますが)

 

GW中のCSはチーム戦がメインなのでセイクリッドは使わない可能性が高いですが個人戦があれば使いたいなとは考えてます

 

今回はここまでで短めですが次また入賞できたらちゃんと書く予定です(笑)

 

 

2016 7月環境のまとめ

お久しぶりです

 

前回の記事からまただいぶさぼってしまいました

 

 

10月の制限改訂が出るまでCSに出ない予定なので一応最後に使ったレシピを

f:id:sugi_yugi:20160829235130j:plain

 

調整時間が全然取れずにぶっつけで臨んだ結果0-4-1という悲惨な結果に・・・

 

メインは先攻に寄せまくった結果1度も1本目に先攻を取れず

 

ただしこのデッキはフォトスラ、ポルクスの両カードがあるので意外と後攻でもなんとかなることは多いです

 

ABCと同じことをしていては勝ち目がないと考え、差別化のためにメインからマクロコスモスを投入、同時にマクロの発動時にデッキ手札からssできる光4のヘリオスも1枚差し

 

他のカードは前にも書いたものが多いので割愛します

 

以下今期のまとめということで

 

今期は先攻制圧が以前にも増して酷くなり、セイクリッドで環境上位と言われるメタルフォーゼ、ABC、青眼、DD、カエル、堕天使に立ち向かうのを諦めてしまいました

 

以前であればチーム戦でも(チームメイトと相談したうえで)セイクリッドを使っていたものの今期は自信を全く持てないためチームで使うのを断念

 

DDではチーム戦のヒノキ杯ベスト8、同じくチーム戦のJGPで準優勝と成績を残せたものの個人成績は安定せずで納得できる終わり方ではなかったと思います

 

来期についてはコズモ、バージェストマといった海外組が来日するのに加えて制限改訂も重なるので環境の一新を期待したい所ですね

 

個人である程度勝てないと記事を上げる気力が湧かないので来期こそ頻繁に更新できるよう頑張ります!

第1回JGP

さぼってしまいました

f:id:sugi_yugi:20160703111711j:plain

 

7/2の岩手県で行われましたJGPに出てきました。使用は上の画像です。

 

1回戦【青眼】××

2回戦【青眼】××

3回戦【メタルフォーゼ甲虫装機】〇〇

4回戦【青眼】×〇〇

 

予選2-2で落ち、サブイベントとしてスイスドロー4回戦に参加

 

1回戦【メタルフォーゼ】××

2回戦【メタルフォーゼ】××

ここで決勝卓に身内が上がっていたためドロップして観戦に行きました。

 

以下今回の構築についてです。

 

・基本的には前使ったものをベースに、メインからサイド後まで全試合後攻を取る想定

・イタチよりも発動しやすく耐性をケアできるウェーブフォースに変更

・ABCの融合体に対して闇の護封剣がイマイチなため確定で除去できるサタンクロースを投入

・対メタルフォーゼで召喚無効をもらった場合の返しとして必要だと考えたためヴェルズビュートの2枚差し

 

反省について

・今まで気にならなかったモンスターと魔法罠の噛み合いの悪さが多発してしまったことや、相手に渡したサタンクロースを解決できずにドローを許してしまう場面が多かったことが敗因だと感じた

・サタンクロースの解決、ビュートの展開を考えてグレディをメインに3積みすべきだった

・以前から投入しているユニコーンに撃てる除去ということでイタチやウェーブフォースなど入れ替えてが他のデッキやギミックに対して発動条件が足を引っ張ることがあまりに多くなってきたためユニコーンを割りきっての強制脱出の投入

 

新規として次元障壁というカードが登場することもあり、環境が固まるまでは様子見するつもりです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

陸前CS

久しぶりです

 

制限改定から少し経っての新環境初CSです

 

使用【強貪セイクリッド】

f:id:sugi_yugi:20160418202916j:plain

f:id:sugi_yugi:20160418202936j:plain

 

ジェム帝 〇☓〇

マジェスペクター ☓☓

HERO 〇☓☓

クリフォート 〇〇

 

予選2-2で予選落ちです

 

新規投入したカードについて書いていきます

・強欲で貪欲な壺

新弾で登場したドロソですね 

AFとの共存は厳しそうですがセイクリッドのような特定のカードに依存しないビートダウンであれば使えると判断して採用しました

除外されて困るのは羽根箒くらい(青眼相手にオネストが全部除外されるのもつらいですが)だったので問題なく使えそうです

調整段階では1試合中に2枚打っても構わなかったため引く確率を少しでも上げるメイン40枚の3積み

少なくとも今回は打って弱かった場面はほぼなかったので今後も充分採用候補に挙がるかなと思います

 

コズミック・サイクロン

こちらも新弾のライフコストがついた代わりに除外できるようになったサイクロン

ムーブメントが抜けた代わりに伏せに触るカードを考えた結果、ライフコスト以外はサイクロンの上位ということでこちらを3枚

ツインツイスターは他のデッキに比べ手札コストが気軽に切れないので見送り

福音、幻影霧剣、帝王などのカードを除外できるのはサイクロンやムーブメントに比べて非常に大きいです

3枚積みなのは実はホープONEの効果をちょっと狙ってたり・・・

 

・闇の護封剣

精霊龍、ベアトリーチェ、マジェスペクターユニコーンを想定して投入

今回は耐性持ちクリフォートの突破にも使えました

今回1本目はじゃんけんで勝った場合後攻を取ると決めていたためどうしてもメインデッキに上記の解答がいるためメイン投入

後引きでも使える場面は割と多かったのですが被りはやはり弱いですね・・・

 

・スキル・プリズナ

神を除くと今期一番強いと思ってる罠

亜白龍、白き霊龍、ファーファレル、ブレイクソード、ユニコーン、などなど

これとオネストを同時に構えられればそのターンはほぼ突破されません

2枚積みで引けなくて負け、これさえあれば・・・っていう試合があったのでメイン3でも良かったのかなと思います

 

以下入らなかったカードについて

アーティファクト関連

青眼相手の弱さが目立ったのと、サイクルリーダーや強貪による除外をおそれたため抜けました

青眼が上位にいる内はコアドラ、閃光ミラー、サイクルリーダーのどれもぶっ刺さるため厳しいかなと思います(まあそれはセイクリッド要素にも言えるんですがAFに上のメタ食らうよりは許容できる範囲なので)

 

・妖精伝姫-シラユキ

新弾で登場した光レベル4月の書及び自己再生効果持ちの可能性に満ち溢れたカード

直前までメインに入れるつもりだったんですが効果を強く打てるまでに時間がかかりすぎるのが強貪を積むことによる短期決戦のコンセプトから外れてしまったために今回は見送り

闇の護封剣と違い手札にあるとき召喚権を要し、効果が対象を取るのもマイナスポイント

ですが将来性はかなりあると思うのであのユニコーンとかいうカードが消えたら採用の余地は十分です

 

・武神-ヒルコ

ツクヨミ→アマテラスと立てることでシラユキのコストで飛ばしたモンスターを再利用できるということで当初回していましたが上述のシラユキと一緒に抜けました

ただ、ヒルコは天キにも対応している上召喚権を食わなくて済むためシラユキがなくても割りと回ってくれます

問題はエクストラの枠と能動的に除外できるカードがヒルコ自身、ソンブレス、シラユキくらいしかないことだったので今後可能性はある方だと考えています

 

最後に今回の結果について

 

正直青眼とSR幻影系統のデッキに当たらないのは予想外でしたが思った通りマジェスペクターユニコーンがクッソ辛かったです

リズナオネストの構えが想像より強かったのも良

また結果的には負けの試合でも最終盤面でモンスター引けてれば、とか伏せを構える時にブラフ混ぜておけば、とかの細かい点で勝敗が変わる(かも)ところがあったので収穫はあったように思います

次は5月の東北六遊祭でまた ノシ

ガッチャCS&ブロック代表 今期の総括

だいぶサボってました

 

旧制限最後の大会×2

 

ガッチャCSチーム戦

A 自分 【命削りAFセイクリッド】

B SATANさん【EM竜剣士】

C うらかわさん【EM竜剣士】

 

彼岸の型については割愛させていただきます

 

DAICHIさん【彼岸】〇ET☓-  チーム〇

たっきーさん【彼岸】〇ET☓- チーム△

プリンさん【彼岸】〇☓ET〇  チーム△

ちゃんぺりさん【彼岸】〇☓ET☓ チーム〇

 

予選個人1-1-2 チーム2-0-2で予選上がり

 

決勝トナメ

Personaさん【EM竜剣士】☓ET☓ チーム〇

Z9さん【EM竜剣士】〇☓☓ チーム〇

みかんさん 【彼岸】☓☓ チーム☓

3決のサイコロ 〇 チーム〇

 

個人1-4-2でした

 

マジでSATANさんうらかわさんが強かっただけです

 

ガッチャの方でレシピ上がると思うのでここでは載せないことにしますm(__)m

 

 

次にブロック戦

【命削らないAFセイクリッド】

 

すいれいじゅつさん【EM竜剣士】〇☓〇

うらかわさん【EM竜剣士】〇〇

ときさん【彼岸】〇☓ET☓

 

最後あと1勝できれば選考会いけたんですが及びませんでした

 

こっちのほうも制限変わりますし載せないことにします(決して面倒なわけではry)

 

 

以下今期を振り返って

 

EMEmがいなくなりEM竜剣士になりました

 

AFセイクリッド的には害悪だったEmミラーコンダクターがいなくなるひゃっほいと思っていた当初ですが竜剣士の先攻展開がEmより酷かったため何も変わりませんでした

 

EMのモンキーペンマジドクロバットは前期から見飽きてたのでいつも通りライオウさんの活躍の場・・・と思いきや竜剣士軍団の1950とかいう打点に押されてライオウが信用ならない良環境

 

環境上位3つは前期から変わらずだったのでメインからのメタも張りづらく、クソ環境と言われるのも納得です(それでも個人的にはシャドール全盛期よりはマシだったのですが)

 

今回の改訂でEM竜剣士にガッツリ規制が入り、彼岸帝インフェルノイドといったあたりもパーツが規制されたので来期はゼンマイ炎星水精鱗環境以来の群雄割拠が予想されています

 

とはいえライオウがメインに入るなら生きていけるので来期も彼の活躍に期待したいと思います

 

最後にガッチャで組んでいただいたSATANさんうらかわさんありがとうございました!自分のふがいない成績で悔いが残ったまま終わってしまったのでもしまた機会があればぜひリベンジしたいです

 

 

次はまた来期のCS後になるかなー

ガッチャCSランキング戦&ヒノキ杯

CS2連戦に出てきました

 

以下使用デッキ

f:id:sugi_yugi:20151126224408j:plain

 

この前の構築から微妙だったGをサイドに、必要と感じたミラフォをメインに。

 

以下戦績

 

EMEm 〇〇

EMEm 〇☓☓

シャドール 〇☓〇

インフェルノイド ☓〇☓

EMEm ☓〇〇

EMEm 〇☓☓

不戦勝

 

というわけで不戦勝込みで4-3でした

 

ジャンケンサイコロがノイド以外全敗で対EMEmに後攻取りまくった割にメインは結構勝率が良かったのでその点は好感触

 

が、前々から懸念していたフレシアが立ちはだかってくるのがキッツイです 勝ち試合もフレシアの有無で勝敗がひっくり返っていたため今後も奴が絡むと相当厳しくなりそうです

 

加えてノイドに当たって痛感したのが死に札の多さとメタ外に対しての永続カードの弱さ

これもある程度の割り切りは必要なんでしょうけど実際にぼこられるとくるものがあります

 

またユニバースが全く発動機会がこないためさすがに怪しく思いました

 

以上の反省から2日目のヒノキ杯へ

 

f:id:sugi_yugi:20151126230207j:plain

とにかくフレシアをなんとかするという目標のもと、メイン月の書サイドにブラホ

ユニバースoutとともに存在が怪しかったダイヤもついでにout

実はその空いた枠にティラス入れる予定でしたが忘れてしまったため残りのカードを消去法で考えて言った結果ガンマン投入

 

以下戦績

 

彼岸 ☓☓

彼岸 〇ET☓ED〇

竜呼EMEm ☓☓

 

1-2と結果的には芳しくないものがありますがこういう時こそ振り返らなきゃ!というわけで

 

2日間のCSを終えての反省点ですが

・先攻ならほぼ勝ちの手札を握るも盤面返せず負け

手違いライオウあたりは先攻で圧倒的に強いカードなのでできれば先攻を取りたいのはやまやまなのですが今の環境では皆先攻を取ってくるため盤面を返せないと初手のライオウ手違いが死に札になってしまいます

そこで後攻時は増殖するGが1番理想的な札なのですがEMEm側もフレシアだったりカウンター罠だったりと止まった上でこちらの返しを妨害してくるため増Gですら微妙に感じました

個人的に月の書はいい感じだったので突き詰めていこうと思います

 

・エクシーズを立てれば勝ちの場面で立てられずに負け

セイクリッドというデッキ自体かなりエクシーズをしやすいため以前であればこういう状況では勝ちを拾えることが多かったのですがアーティファクトや永続・カウンター罠を増やした結果先攻や大詰めの場面ですらエクシーズができなくなりました

候補としてはグレディが真っ先に挙がります(というかこれ以外ないとまで言える)

ライオウとの兼ね合いが1番のネックになるので1or2枚の調整かなといった感じです

 

おそらく今年はこれが最後のCSなので次回の更新は来年になるかも・・・